米インテルが200億ドルを投じ、米アリゾナ州に半導体の工場を新たに2つ建設すると発表した。ロイターなどが報じた。新設する工場では自社の半導体製造に加え、他社の製造も請け負っていくという。現在世界的に先進的な半導体製造を手がけるのは台湾積体電路製造(TSMC)と韓国サムスン電子で、アジアが中心となっている。今回の投資でインテルは半導体製造でのシェアを取り戻す狙いだ。中国との高まる緊張を背景に、米国および欧州政府が台湾に半導体製造のシェアが偏っていることを懸念している状況も関連しているという。