米ツイッターは23日、2020年1〜3月期の業績予想を下方修正した。新型コロナウイルスの感染拡大が広告需要に影響を及ぼしているという。売上高は前年同期から若干減少し、営業損益は赤字となる見通し。先の決算発表時は売上高を8億2500万〜8億8500万ドル、営業利益を最大3000万ドルと見込んでいた。一方で、3月23日までの1日当たりの広告閲覧利用者数は1億6400万人となり、同23%増加したという。