米調査会社のストラテジー・アナリティクスが20日に公表したレポートによると、2020年2月の世界スマートフォン出荷台数は6180万台となり、前年同月から38%減少した。統計を取り始めて以来、最大の落ち込みだという。新型コロナウイルスの感染拡大で中国の需要が冷え込んだほか、供給が滞り、影響が世界全体に広がったとする。中国市場で一時的な回復兆候があるものの、世界市場は同3月も不振が続くとみている。