米ホワイトハウスは3月11日、米テクノロジー大手と会合を開き、新型コロナウイルス対策を協議した。ロイターが同日、報じた。米政府のマイケル・クラツィオス最高技術責任者が科学的知見の収集に向けた協力を要請したという。米アマゾン・ドット・コムや米アップル、米シスコシステムズ、米フェイスブック、米グーグル、米IBM、米マイクロソフト、米ツイッターなどが参加。情報共有における連携強化、虚偽情報対策、テレワークと遠隔医療への取り組みについても協議したという。