米グーグルの兄弟会社で自動運転車を開発する米ウェイモが6日、自社で開発した3次元センサーの「LIDAR(ライダー)」を自動車メーカーなどに販売すると発表した。LIDARはレーザー光を使ったレーダーであり、自動運転車の周辺にある立体物を検出できる。ウェイモは自動運転車に必要なソフトウエアだけでなく、LIDARのような部品も自社で開発している。