米ウーバーテクノロジーズが公道テスト中の自動運転車が米アリゾナ州で2018年3月に死亡事故を起こした問題で、同州の司法当局は同社を起訴しない予定だと米ニューヨーク・タイムズが6日に報じた。ウーバーの自動運転車は18年3月18日の夜に、横断中の歩行者をはねて死亡させていた。テストドライバーは事故当時、スマートフォーンで動画を視聴していた。