米カリフォルニア州の電力大手PG&Eは、2013年から送電線の保守工事を繰り返し遅らせて、それが18年、17年の大規模な山火事につながった可能性がある。米ウォール・ストリート・ジャーナルが28日報じた。PG&Eは今年1月に米連邦破産法11条を申請している。