米アップルと医薬・日用品大手の米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が、不整脈の一種である心房細動の研究で提携したと、米CNBCなどが25日に報じた。「ハートライン」と呼ぶ、65歳以上の米国人を対象にする調査研究で、15万人以上の登録モニター獲得を目指しているという。アップルとJ&Jは共同でアプリを開発したとする。腕時計端末「Apple Watch」が症状の早期発見や脳梗塞のリスク低減に有用かなどを調べるという。