米マイクロソフト(MS)がメキシコ事業に5年間で11億ドルを投資すると、ロイターが20日に報じた。メキシコ政府が同日公開したプロモーション動画でMSのサティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)が明らかにしたという。ナデラCEOは「同国全土の人や組織のデジタル技術へのアクセス拡大に焦点を当てたものになる」と説明。新たなデータセンターを開設し、デジタルトランスフォーメーションを推進するという。職業訓練施設や技能研修プログラムにも資金を投じるとする。