米グーグルがクラウドサービス事業の人員を削減したと、米ウォールストリート・ジャーナルが14日に報じた。業務改善を目的とした組織再編の一環で、「少数の従業員」に役職の廃止を告げたという。対象者の数は明らかにしていない。対象者は社内で新たなポジションを見つけることになるという。グーグルは業界首位の米アマゾン・ドット・コムと2位の米マイクロソフトとの差を縮めるべく、同事業の強化を図っている。