米アルファ・エクスプロレイションは、運営する人気音声SNS(交流サイト)「Clubhouse(クラブハウス)」について、現在のデータ保護方法を見直しているとコメントした。ロイターや米ザ・バージなどが2月13日に報道した。米スタンフォード大学の研究機関である「Stanford Internet Observatory」が2月12日にクラブハウスのセキュリティー上の欠陥を指摘、ユーザーのデータが中国政府に利用される危険があるとした。これを受けクラブハウスは、暗号化措置を強化することで中国のサーバーにデータが転送されることを防ぐと発表している。