英政府がSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)企業に対し、有害コンテンツ対策を義務付ける計画だと、ロイターが12日に報じた。米フェイスブックや米ツイッター、米スナップなどを対象とし、児童虐待やネットいじめ、テロリストの宣伝活動といったコンテンツへの対策を求める。新たな規則は数カ月中に策定する。企業に対し、不当な負担を強いるものではなく、公正、適切かつ透明性のある形で施行されると政府は説明しているという。