米連邦取引委員会(FTC)は11日、米テクノロジー大手5社に対し、これまで反トラスト法当局に報告していない小規模の企業買収の詳細情報を提出するよう要請した。米グーグルの持ち株会社の米アルファベットや米アマゾン・ドット・コム、米アップル、米フェイスブック、米マイクロソフトに対し、情報提供の特別命令を出した。2010年1月1日〜19年12月31日に完了した企業買収を対象にしている。将来の自社に対する脅威を阻止する目的で潜在的な競争相手を買収したかどうかを調べるという。