台湾の鴻海精密工業(ホンハイ)が中国の2工場の操業再開の許可を得たと、ロイターが10日、報じた。新型コロナウイルスの感染拡大への措置として春節(旧正月)の休暇から休業を続けてきたが、2月10日に鄭州と深センにある工場の再開が認められたという。ただし、多くの従業員が休暇から戻っておらず、2工場ではいずれも約1割の人員で操業を再開する。鴻海は米アップルのスマートフォン「iPhone」の組立業務を請け負っている。鴻海のiPhone製造ラインの大半を鄭州と深センの工場が占めているという。