米ウォルマートがデジタル広告の自動運用プラットフォームを展開する米サンダー・インダストリーズ(Thunder Industries)を買収する。米ウォール・ストリート・ジャーナルなどが2月4日に報じた。買収完了後にサンダー・インダストリーズ従業員の雇用も引き継ぐという。ウォルマートは広告事業の拡大を続けており、サンダーの技術が今年後半に一新するディスプレー広告プラットフォームの重要な部分を担うことになる。デジタル広告市場を独占する米アマゾン・ドット・コムや米グーグルなどの巨大IT(情報技術)企業に対抗する狙いだ。