米グーグルの持ち株会社である米アルファベットは3日、2019年10〜12月期の決算を発表した。売上高は前年同期比17%増の460億7500万ドル、純利益は同19%増の106億7100万ドルだった。全体の8割強を占めるグーグルの広告売上高は同17%増の379億3400万ドル。このうち今回初めて開示したYouTube広告の売上高は同31%増の47億1700万ドルで、グーグル広告事業の1割強を占めた。同じく今回初めて開示したクラウドサービスの売上高は26億1400万ドルで、同53%増と高い伸びを達成した。