米フォード・モーターが米グーグルと6年間のパートナーシップ契約を結んだ。ロイターなどが報じた。2023年以降、「フォード」および「リンカーン」ブランドの全車種にグーグルのAndroid OS(基本ソフト)が搭載されるという。また、開発やサプライチェーン、製造過程の効率化改善にもグーグルのAI(人工知能)技術を用いる。時価総額で自動車業界トップを走る米テスラを意識した動きだ。フォードは、グーグルやグーグルの広告主と顧客データを共有することはないとしている。