米アマゾン・ドット・コムは30日、2019年10〜12月期の決算を発表した。売上高は前年同期比21%増の874億3700万ドル。純利益は同8%増の32億6800万ドルで、2四半期ぶりの増益となった。クラウドサービス「AWS」の営業利益は同19%増の25億9600万ドルで、営業利益全体の67%を占めた。直営のネット通販事業の売上高は同15%増の456億5700万ドル。出店業者からの手数料および物流サービス収入は同30%増の174億4600万ドルだった。プライムの新規加入者数が過去最高となり、有料会員数は1億5000万人を超えた。