高級ブランド品の産業団体「欧州文化・創造産業連盟(ECCIA)」が米アマゾン・ドット・コムや中国アリババ集団などの電子商取引大手に対し、強硬政策を取るよう欧州の規制当局に求めたと、ロイターが28日に報じた。知的財産権やデータの保護などに関する規制を強化するよう要求している。ECCIAの会長で、独ライカカメラのアンドレアス・カウフマン会長は「今のインターネットにはかつてのような自由がなく、市場支配力によって動かされている。規制されるべきだ」と述べたという。