新型肺炎の感染拡大を受け、米フェイスブックが従業員の中国への渡航を制限したと、米CNBCが28日に報じた。広報担当者は「十分な用心のため、従業員の健康と安全を守る措置を取った」と述べているという。中国への不要不急の渡航を原則全面禁止とし、現地で働く従業員や最近渡航した従業員に対して、在宅勤務を指示した。米ウォルト・ディズニーや米マクドナルド、米スターバックス、米フォード・モーターなどの米企業も業務の一時停止や渡航制限の措置を取ったという。