米ゼネラル・モーターズ(GM)は27日、デトロイトのハムトラミック工場に22億ドルを投じ、電気自動車(EV)の組み立て工場に刷新すると明らかにした。同社初のEV専用組み立て工場で、2021年後半に電動ピックアップトラックの生産を始める計画。子会社の米クルーズが1月21日に発表したEVの自動運転車「クルーズ・オリジン」も同工場で生産予定である。韓国LG化学との合弁事業が同工場にEV向けバッテリー(2次電池)を供給するという。