米下院議員が米グーグルに対し、地球温暖化に関する虚偽情報への対策を取るよう要請したと、米CNBCが27日に報じた。下院気候変動危機特別委員会のキャシー・キャスター委員長がスンダー・ピチャイ最高経営責任者に書簡を送ったという。委員長はYouTubeの動画に気候変動に関する偽情報が多数あると指摘。「グーグルは有害な汚染物質の宣伝に加担している」と非難しており、2月7日までに対応策を示すよう求めているという。