米テスラはミッドレンジの「モデルS」とハイエンドの「モデルX」生産量を減らしている。米ブルームバーグが23日、従業員の話として伝えた。モデルSとXそれぞれのエントリーモデルの受注を停止している。イーロン・マスクCEOは同社の電気自動車がまだ高すぎると指摘しており、量産車「モデル3」の生産に注力する狙いがあるとみられる。