米ウーバーテクノロジーズが配車サービスの運賃設定をドライバーに委ねる実験をカリフォルニア州で始めたと、米ウォールストリート・ジャーナルが21日に報じた。3空港からの乗車運賃について、ウーバーが設定した料金の最大5倍を請求できるという。目的は裁量権を与えることだとする。同州では1月1日に新たな州法が施行された。企業が仕事の実績を管理・統制したり、仕事の内容が企業の通常業務の範疇に入ったりする場合、従業員として扱うよう義務付けている。ウーバーはこれに反発。同社の事業は技術プラットフォームの提供にすぎず、旅客運送業ではないとし、新法の下でもドライバーは従業員に当たらないと主張しているという。