米ネットフリックスは21日、2019年10〜12月期の決算を発表した。売上高は前年同期比31%増の54億6700万ドルで、純利益は同約4.4倍の5億8700万ドルだった。世界の有料会員数は1億6709万人となり、3カ月前と比べて876万人増加。米国外が初めて1億人の大台を超えた。一方、米国の有料会員数は3カ月前から42万人増加。153万人だった前年同期の増加数から伸びが鈍化した。要因として、値上げや競争激化が考えられるという。