米通信大手のAT&Tが米グーグルの動画サービス「YouTube」での広告を再開すると米ニューヨーク・タイムズが18日に報じた。AT&Tは2017年に、YouTubeで公開されているヘイトスピーチ動画などにAT&Tの広告が表示されていたことを問題視し、広告を引き上げていた。グーグルによるヘイト動画対策が進んだと評価し、広告を再開する。