米マイクロソフトは16日、2030年までに二酸化炭素(CO2)排出を実質マイナスにする「カーボン・ネガティブ」を目指すことを明らかにした。50年までに、1975年の創業以降の排出量に相当するCO2を削減するとしている。2025年までにデータセンターや社屋で使う電力を100%再生可能エネルギーに切り替える計画。30年までには世界の会社施設の敷地内で使うクルマを全て電気自動車にする。さらに、30年までに同社とサプライチェーン全体のCO2排出量を半分以上減らすという。