インド競争委員会が米アマゾン・ドット・コムと米ウォルマート傘下のインド・フリップカートに対する競争法違反の調査を開始すると、ロイターや米ニューヨーク・タイムズなどが13日までに報じた。中小の小売業者を代表する業界団体からの申し立てを受けたものだという。スマートフォンメーカーとの提携による新製品の独占販売や、特定の出店業者に対する優遇、大幅値引きなどの違反行為について調べる。アマゾンは「法令順守に自信を持っている。当局に全面的に協力する」と述べたという。