米フェイスブックと米イーベイが偽レビュー関連の商行為排除に向けた取り組みを約束したと英競争・市場庁(CMA)が8日、明らかにした。フェイスブックは188のグループを削除し、24のアカウントを停止した。イーベイは140人を永久追放したという。CMAは2019年6月、偽レビューの出品や、書き込みを売り込んだり、執筆者を募ったりするグループが多数確認されたと指摘していた。2社は今後も同様の行為がサイト上に表示されないよう努めることを誓約したという。