SOMPOひまわり生命保険は7日、加入者が健康状態を管理できる新型保険向けのアプリを2020年中に投入すると発表した。米ラスベガスで開催中のデジタル技術見本市「CES」の会場で、提携先の米国とイスラエルのスタートアップ企業とともに明らかにした。認知症の傾向やストレス度合いを測定するアプリを活用し、加入者個別のアドバイスを提供。健康増進を図ることで、医療保険の保険金が支払われるケースを低減し、保険料の節約にもつながるという。