米ウーバーテクノロジーズは6日、「空飛ぶタクシー」の開発で韓国・現代自動車と提携したことを明らかにした。現代自動車は、ウーバーの航空部門であるウーバーエレベートが進める電動垂直離着陸機を使った都市内移動サービス「ウーバーエアー」の計画に参画する初の自動車メーカーとなる。同日公表したコンセプトモデルは乗客4人乗り。300〜600メートルの上空を最高時速290キロメートルで飛行し、最大100キロメートルを移動することを想定して設計したという。