1. TOP
  2. シリコンバレー支局
グローバルダイジェスト
シリコンバレー支局
?
  • 米フェイスブックのCEOとCOO、広告ボイコット運動の人権団体と近く会談

    米フェイスブックの幹部が近く人権擁護団体の代表者らと会談すると、米ウォールストリート・ジャーナルが7月2日に報じた。フェイスブック側が、広告出稿ボイコット運動を始めた「名誉毀損防止同盟(ADL)」や「全米黒人地位向上協会(NAACP)」などの代表者らとの会談を申し入れたという。マーク・ザッカーバーグCEOやシェリル・サンドバーグCOOなどが出席する見通し。人権団体側は公民権の専門家を経営幹部レベルの上級管理者として雇うよう求めているという。

    2020.07.03 13:23
  • 米テスラ、EV世界販売4.9%減も市場予想を大きく上回る

    米テスラは7月2日、2020年4-6月期の電気自動車(EV)世界販売台数が前年同期4.9%減の9万650台になったと明らかにした。米ウォールストリート・ジャーナルによると前年実績は下回ったものの、市場予想を大きく上回った。同30%以上落ち込んだ競合に比べ新型コロナウイルスの影響が少なかったという。内訳は小型車「モデル3」と小型SUV「モデルY」の合計が8万50台、高級セダン「モデルS」と高級SUV「モデルX」の合計が1万600台。全車種の合計生産台数は8万2272台だった。

    2020.07.03 13:12
  • 米アマゾン、大型セール「プライムデー」の開催は10月か

    米アマゾン・ドット・コムが会員向け年次大型セール「プライムデー」の開催を少なくとも今年10月初めまで延期すると、米CNBCが7月2日に報じた。同1日に出品者宛の電子メールで、10月第2週を仮の開催日として準備を進めるよう案内し、正式な日程は後日発表すると述べたという。2015年から毎年7月に開催していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期を決めた。米ウォールストリート・ジャーナルは先に、9月開催を計画していると報じていた。

    2020.07.03 13:09
  • 米アップル、中国で未認可のモバイルゲームを禁止

    米アップルが中国のモバイルアプリ配信ストアで、当局の認可を得ていないゲームのアップロードを禁じたと、英フィナンシャル・タイムズや米CNBCなどが7月1日に報じた。同国では2016年に有料モバイルゲームアプリに認可制を導入した。これまで容認していたが、今年2月、同6月末までにライセンスが必須になると開発者に注意喚起したという。当局がアップルに対する規制を強化したようだと報じている。約6万本の有料ゲームのうち認可は約4万3000本にとどまり、多くが禁止措置の対象になるという。

    2020.07.02 16:10
  • 米アマゾンや米アップル、米フェイスブック、米グーグルのCEO、米議会で証言へ

    米テクノロジー大手4社の最高経営責任者(CEO)が米議会の公聴会で証言すると、米ニューヨーク・タイムズや米CNBCなどが7月1日に報じた。米アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾスCEO、米アップルのティム・クックCEO、米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO、米アルファベットと米グーグルのスンダー・ピチャイCEOがいずれも同意。4人がそろって議会証言するのは初めてだという。下院司法委員会の反トラスト小委員会が月内に公聴会を開く予定。具体的な日程や、オンラインになるかどうかは決まっていないという。

    2020.07.02 16:00
  • 米アップルがカリフォルニア州など30店を追加閉鎖、新型コロナウイルス感染急増で

    米アップルが米国内で30店舗を追加閉鎖すると、米CNBCが7月1日に報じた。新型コロナウイルスの感染者数が急増している。これで再閉鎖する米国の店舗数は計77店になるという。カリフォルニアやネバダ、アイダホ、オクラホマ、ルイジアナ、アラバマ、ジョージアの各州一部の店舗を同2日に閉鎖する。これまでユタやテキサス、ミシシッピ、フロリダなどの店舗を閉鎖している。アップルは全米で271店の直営店を展開している。声明で「状況を注意深く見守りながら措置を取っている」と述べたという。

    2020.07.02 16:00
  • 米フェイスブックに対する広告ボイコット運動に米ファイザーや独SAPが参加

    米フェイスブックへの広告出稿を停止する動きが広がっていると、米CNBCが6月30日に報じた。これまでに240以上の企業・組織が同社に対するボイコット運動に参加したり、米ツイッターや米ユーチューブも含む複数のソーシャルメディアから広告を引き揚げたりしたという。直近では米製薬大手ファイザーや独ソフトウエア大手SAPなども加わったとする。ファイザーは、7月いっぱいフェイスブックとインスタグラムですべての広告出稿を取りやめるという。SAPは人種差別や憎悪表現の拡散防止に向けた明確な行動を示すまで、フェイスブックとインスタグラムに広告を出さないと述べたとする。

    2020.07.01 18:30
  • 米アマゾン、航空宇宙関連に特化のクラウドサービス事業部門を新設

    米アマゾン・ドット・コム傘下のクラウドサービス事業、米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)は6月30日、航空宇宙関連に特化した事業部門を設置したと明らかにした。「航空宇宙・人工衛星ソリューションズ」と呼ぶ新部門で、AWSの各種サービスを政府機関や民間企業の宇宙開発事業に提供する。新部門を率いるのは、退役空軍少将のクリント・クロージャ―氏。米ウォールストリート・ジャーナルによると、同氏は米国で2019年に発足した宇宙軍の創設計画に携わったという。

    2020.07.01 18:14
  • 米グーグル、眼鏡型端末開発のカナダ企業「ノース」を買収

    米グーグルは6月30日、眼鏡型端末を手がけるカナダのスタートアップ企業、ノースを買収したと明らかにした。グーグルのオンタリオ州キッチナーとウォータールー地域のチームに加わり、アンビエント(生活環境)コンピューティングの開発を進めるという。ノースの設立は2012年。「フォーカルズ」と呼ぶ眼鏡型端末を販売していたが、買収に合わせて開発と販売を終了する。米CNBCによると、買収額は約1億8000万ドルとみられている。

    2020.07.01 18:11
  • 米アマゾン、物流や店舗従業員に総額5億ドル超の臨時ボーナスを支給

    米アマゾン・ドット・コムは6月29日、物流施設や店舗などの従業員らに総額で5億ドル以上の臨時ボーナスを支給すると明らかにした。新型コロナウイルスの感染症が広がる中、現場で働き続けた人に謝意を示すとしている。今年6月の1カ月を通じて勤務した人が対象で、支給額はフルタイムが500ドル、パートタイムが250ドル。アマゾンの物流拠点と傘下スーパー「ホールフーズ・マーケット」の従業員に加え、委託先の配達ドライバーも含める。また、店舗マネジャーなどのリーダー職に1000ドルを、配達業務請負業者の経営者に3000ドルを支給するという。

    2020.06.30 16:50
  • 米ウーバー、料理宅配4位の米ポストメイツに買収提案

    米ウーバーテクノロジーズが料理宅配事業で競合する米ポストメイツに買収提案していると、米ニューヨーク・タイムズが6月29日に報じた。同日夜にも合意する可能性があるという。米調査会社セカンドメジャーによると、ポストメイツは米料理宅配市場で8%のシェアを持ち4位。ウーバーの同事業「イーツ」と統合すれば30%で、首位米ドアダッシュに次ぐ規模になる。ウーバーは今年、2位の米グラブハブに買収提案したと伝えられたが、欧州大手ジャスト・イート・テイクアウェー・ドット・コムがグラブハブの買収を決めている。

    2020.06.30 16:45
  • 米NYタイムズ、米アップルのニュースアプリへの配信を停止

    米ニューヨーク・タイムズが米アップルのニュース配信アプリ「Apple News」への記事の配信を停止すると、ロイターや米ザ・バージなどが6月29日に報じた。同紙は「読者との直接的な関係を築けるものと期待していたが、実現しなかった」と述べているという。Apple Newsは米国や英国などでスマートフォン「iPhone」などに標準搭載している。アップルは「同紙の1日当たりの提供記事は少なく、コンテンツ全体として大きな変化はないだろう」と述べているという。

    2020.06.30 16:40
  • 米フェイスブックが暴力助長の投稿を削除する新方針、「政治家でも例外認めない」

    米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者は6月26日、投稿や広告に対し、より厳格な規則を適用すると明らかにした。内容に問題があると判断した場合、政治家などの投稿でニュース価値があるものには注意喚起のラベルをつける。その一方で、暴力の助長や投票妨害といったものは削除する。政治家でも例外を認めないという。また、特定の人種や民族、宗教、性的指向などの人を危険な存在だと主張する広告を禁止する。移民や難民などに対し嫌悪感を示したり、侮蔑したりする広告も禁じるとしている。

    2020.06.29 17:09
  • 米アマゾン、自動運転の米スタートアップ企業ズークスを買収

    米アマゾン・ドット・コムは6月26日、自動運転技術を手がけるスタートアップ企業、米ズークスを買収することで同社と合意したと明らかにした。米カリフォルニア州フォスターシティーに本社を置く2014年設立の企業で、配車サービス用自動運転の電気自動車を開発している。買収額は明らかにしていないが、米ウォールストリート・ジャーナルは12億ドル以上と報じている。買収後も独立会社として存続し、最高経営責任者のアイシャ・エバンス氏と共同創業者で最高技術責任者のジェシー・レビンソン氏が率いていくという。

    2020.06.29 17:08
  • 米マイクロソフトが全直営店閉鎖へ、オンラインサービスに移行

    米マイクロソフトが世界各地で展開している直営店を閉鎖し、実店舗の小売事業から撤退すると、米ウォールストリート・ジャーナルなどが6月26日に報じた。米国やカナダ、プエルトリコ、英国、オーストラリアに83店を持つが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で今年3月から全店を一時閉鎖していた。引き続き「Microsoft.com」などのオンラインストアへの投資を続ける。小売担当者が遠隔で販売やトレーニング、サポートなどのサービスを提供するという。

    2020.06.29 17:06
  • 米グーグル、メディア企業に記事の使用料支払うライセンスプログラム

    米グーグルは6月25日、メディア企業にニュース記事の使用料を支払うライセンスプログラムを導入すると明らかにした。「Googleニュース」やGoogleアプリの「Discover」内で年内に立ち上げる新サービスに「質の高いコンテンツ」として掲載する記事を対象にする。ドイツやオーストラリア、ブラジルの一部メディア企業と契約を締結した。Googleニュース製品管理バイスプレジデントのブラッド・ベンダー氏はブログで「今後数カ月のうちに他の企業とも契約を結ぶ」と述べている。

    2020.06.27 07:05
  • 米ベライゾンが米フェイスブックへの広告掲載ボイコットに参加

    米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズが7月から米フェイスブックへの広告掲出を一時停止すると、ロイターや米CNBCなどが6月25日に報じた。ヘイトスピーチ(憎悪表現)対策が不十分との理由だという。「我々を安心させることができる、納得のいく解決策をフェイスブックが見いだすまで中止する」と述べたとする。フェイスブックの広告を巡っては公民権運動グループなどがボイコットを呼びかけている。これまで数十の米企業が参加したが、その中でベライゾンは最大の企業だという。

    2020.06.27 07:00
  • 米グーグル系ウェイモとスウェーデンのボルボ、配車サービス向け自動運転EVで提携

    米グーグル系の自動運転開発会社の米ウェイモとスウェーデンのボルボ・カーは6月25日、配車サービス向け無人電気自動車(EV)の開発で提携すると明らかにした。ウェイモは、特定の場所などで運転手が乗らずに走る「レベル4」技術をボルボグループに提供する独占的パートナーになる。自動運転システム「Waymo Driver」をボルボや、ボルボが中国の浙江吉利控股集団と共同所有するEVブランドの「ポールスター」とカーシェア向けブランドの「リンク・アンド・コー」に提供するという。

    2020.06.27 07:00
  • 米テスラ、米カリフォルニア州のEV製造拠点に新たなバッテリー工場建設か

    米テスラが、米カリフォルニア州フリーモントの電気自動車(EV)製造拠点でバッテリー(2次電池)工場の建設を計画していると、ロイターが6月24日に報じた。市当局への申請書類で分かったという。同市に小規模のバッテリー工場を持つが、生産能力を拡大したい考えという。400人が交代制で勤務し、100人が常時稼働する製造施設だとする。着工から製造機械の搬入・設置まで約3カ月で完了すると見込んでいるという。

    2020.06.25 13:49
  • 米アップル、米テキサス州の7店舗再閉鎖、新型コロナウイルス感染再拡大

    米アップルが、営業を再開していた米テキサス州ヒューストン地域の7店舗を再び閉鎖すると、米ウォールストリート・ジャーナルなどが6月24日に報じた。新型コロナウイルスの感染者数と入院患者数が増加している。同25日から一時閉鎖するという。同社は前週、フロリダ州の2店舗、ノースカロライナ州の2店舗、サウスカロライナ州の1店舗、アリゾナ州の6店舗の計11店の再閉鎖を決めた。声明で「状況を注意深く見守りながら措置を取っている」と述べたという。

    2020.06.25 13:47

その他の支局

あなたにおすすめ

  • は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます

    週刊ビジネス誌で28年連続 読者数No.1

    各業界に精通した記者50名超が独自取材

    1500社以上の企業事例

    ※日本ABC協会2018年度認証部数(ビジネス分野)

    は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます

    全ての記事が読み放題

    有料会員限定記事10,000以上が読み放題

    雑誌7年分350冊が読み放題 e.t.c

    は、日経ビジネス電子版の会員のみご利用できます

    週刊ビジネス誌で28年連続 読者数No.1

    各業界に精通した記者50名超が独自取材

    1500社以上の企業事例

    ※日本ABC協会2018年度認証部数(ビジネス分野)

    フォロータグ一覧
    キャンセル

    [誌面ビューアー]雑誌のビジュアルなレイアウトをウェブでも

    「誌面ビューアー」は、紙の雑誌と同じレイアウトで記事を読むための機能です。ウェブブラウザーで読みやすいようにレイアウトされた通常の電子版画面とは異なり、誌面ビューアーでは雑誌ならではのビジュアルなレイアウトでご覧いただけます。スマートフォン、タブレットの場合は専用アプリをご利用ください。 詳細を読む

    ご利用条件:
    有料会員限定

    [クリップ機能]お気に入りの記事を保存しよう

    「クリップ機能」は、また読みたいと思った記事や、後からじっくり読みたいお気に入りの記事を保存する機能です。クリップした記事は、メニューから「マイページ」を開き「クリップ」を選ぶと一覧で表示されます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    有料会員限定

    [有料記事の閲覧]登録会員(無料)でも一定本数読める

    日経ビジネス電子版では、閲覧を制限している状態を「鍵が掛かっている」と表現しています。有料会員としてログインすると、鍵の有無にかかわらず全ての記事を閲覧できます。登録会員(無料)でも、月に一定本数、鍵付き記事をお読みいただけます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員

    [コメント投稿]記事対する自分の意見を書き込もう

    記事の内容やRaiseの議論に対して、意見や見解をコメントとして書き込むことができます。記事の下部に表示されるコメント欄に書き込むとすぐに自分のコメントが表示されます。コメントに対して「返信」したり、「いいね」したりすることもできます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上かつリゾーム登録済み

    [記事への評価]参考になったかどうかを読者が投票

    記事末尾の「投票」ボタンを押すことで、その記事が参考になったかどうかを投票する機能です。投票できるのは1記事につき1回のみ。投票の結果はすぐに反映され、トップページの記事リストなどにも表示されます。評価の高い記事を選んで読むといった使い方ができます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上

    [連載フォロー]気になる記事の続きを見逃さない

    「この連載の続きが読みたい」「この議論の展開を見届けたい」と思った時に便利な機能です。「連載をフォロー」「シリーズをフォロー」は、その連載の新着記事が配信された際に、「議論をフォロー」は、その議論に新しいコメントがついた際に通知されます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上かつリゾーム登録済み