1. TOP
  2. 上海支局
グローバルダイジェスト
上海支局
?
  • 中国、新5カ年計画で量子技術研究を強化

    中国科学技術省は10月21日、来年から始まる中国の「第14次5カ年計画」で量子技術の研究開発に重点的に取り組むと明らかにした。習近平国家主席が中国共産党の会議で研究を急ぐよう指示していた。

    2020.10.22 16:54
  • 広東省珠海市、半導体産業に奨励金

    広東省珠海市は10月19日、半導体集積回路(IC)の製造を手掛ける事業者に、プロジェクト当たり最高で1億元の奨励金を支給すると発表した。企業誘致を強化する狙いがある。半導体人材の雇用も助成する。

    2020.10.22 16:45
  • 中国、年内にコロナワクチン年産能力6億本へ

    中国衛生当局は10月20日、年末までに年産6億1000万本規模の新型コロナウイルスのワクチン生産体制を構築できると発表した。これまで6万人にワクチンを摂取したという。

    2020.10.22 16:41
  • アント・グループの香港上場承認

    ロイター通信などは10月19日、中国アリババ集団傘下で「アリペイ」を運営する金融会社アント・グループの株式上場を香港取引所が承認したと伝えた。アントは上海と香港への同時上場を目指している。アントを巡っては米政府が規制対象への追加を検討しているとされる。

    2020.10.21 16:55
  • OPPOがスマートテレビ参入、QLEDを採用

    中国の複数メディアは10月19日、中国スマートフォン大手のOPPO(オッポ)がスマートテレビ市場に参入したと伝えた。最上位モデルではQLED(量子ドットLED)を採用しており、価格は7999元(約12万6000円)。

    2020.10.21 16:53
  • アリババ、11月11日のセール向け新施策

    中国アリババ集団は10月20日、中国最大のセール日である11月11日に向けた販売促進策を発表した。セール本番に先立ち、11月1日から3日までの新たな販売期間を設けて新型コロナウイルス流行の影響を受けている中小企業などの認知度向上を図る。越境ECも強化する。

    2020.10.21 16:51
  • 9月の住宅価格、上昇は4都市減の55都市に

    中国国家統計局が10月20日に発表した9月の主要70都市の新築住宅価格動向では、前月より価格が上昇した都市の数は55と8月より4減った。7都市が横ばい、8都市が下落だった。金融緩和や新型コロナウイルス対策の影響で不動産価格が押し上げられており、当局は不動産バブルを警戒している。

    2020.10.20 17:04
  • アリババ、追加出資でサンアートを傘下に

    中国アリババ集団は10月19日、小売大手の高鑫零售(サンアート・リテール)に約280億香港ドル(約3800億円)を出資し、傘下に収めると発表した。出資比率を従来の21%から72%に引き上げる。オンラインとオフラインを融合してニューリテール戦略を加速する狙い。

    2020.10.20 17:04
  • BOEがiPhone12に有機ELディスプレーを供給か

    中国ディスプレー大手の京東方(BOE)は年末にも米アップルのスマートフォン「iPhone 12」「iPhone 12 mini」向けに有機ELディスプレーを供給すると、消息筋の話として新浪財経が伝えた。現在、同機種向けディスプレーは韓国サムスン電子と韓国LG電子が供給しているとみられている。

    2020.10.20 16:45
  • 深圳市、エンジェル投資損失を最大4割負担

    第一財経は10月17日、深圳市がエンジェル投資の損失を最大4割負担する施策を打ち出すと伝えた。100億元(1570億元)規模の「深圳市天使投資引導基金(天使母基金)」が損失を負担する。スタートアップ投資などを活性化する狙いがある。

    2020.10.20 12:49
  • AUXが鄭州にエアコン新工場

    彭湃新聞などは10月14日、エアコン中国大手の寧波奥勝貿易(AUX)が河南省鄭州市でエアコン新工場を着工したと伝えた。投資総額は50億元(約780億円)で2023年6月の稼働を目指す。

    2020.10.20 12:39
  • ファーウェイが車載スマートデバイスを発売か

    科創板日報は10月19日、華為技術(ファーウェイ)が車載スマートデバイスを発売すると伝えた。クルマに後付けで装着できるタイプの製品で、音楽やビデオ視聴、電話などの機能を車内利用に最適化した形で楽しめるという。

    2020.10.20 12:29
  • チベットのトップ「貧困脱却」を宣言

    中国国営の新華社などは、中国チベット自治区のトップとナンバー2が10月15日に会見を開き貧困脱却を宣言したと伝えた。チベットは中国の最貧地域の一つ。中国政府は2020年中に全国で貧困を脱出することを目標に掲げており、中国共産党の指導による成果とアピールする目的と見られる。

    2020.10.16 17:55
  • 米国務省、アリペイ運営会社への制裁を提案

    ロイター通信は10月14日、米国務省が中国アリババ集団傘下のアント・グループを輸出禁止措置の対象に加えるよう提案したと伝えた。アントはスマートフォン向けの電子決済サービス「アリペイ」を手がけている。米国内の決済関連データの流出などを懸念しているという。

    2020.10.16 16:55
  • 中国の1~9月地方債発行額は35.8%増

    中国国営の新華社は10月15日、1~9月に発行された地方政府債は前年同期比35.8%増の5兆6789億元(約88兆9000億円)だったと伝えた。新型コロナウイルス流行後の経済回復のため、地方政府がデジタル分野に関連した公共事業などを増やしている。

    2020.10.16 16:51
  • アウディと一汽がEV生産で合弁

    中国の複数メディアは10月13日、独アウディと中国第一汽車が合弁会社を設立すると発表した。2024年からアウディの電気自動車(EV)を国内生産する計画。

    2020.10.15 18:22
  • 米テスラが海南省にイノベーションセンター

    中国の複数メディアは10月13日、米電気自動車大手のテスラが海南省に「新エネルギー車イノベーションセンター」を設立すると伝えた。電気自動車や関連技術の研究開発や、海南省内の急速充電スタンドの設置などを進める。

    2020.10.15 18:20
  • 淘宝の台湾サイトが閉鎖へ

    中国ネット通販「淘宝(タオバオ)」の台湾サイトは10月15日をもって取引を終了すると発表した。運営会社が実質的に中国企業であるアリババ集団傘下にあり台湾の規制に抵触するとして、当局から改善を求められていた。

    2020.10.15 18:11
  • 中国の検閲回避できる閲覧サービスが短期間で削除

    中国政府が実施している米グーグルや米ユーチューブ、米フェイスブック、米インスタグラムなどへの検閲を回避できるサービス「Tuber」が9月下旬に中国国内で登場したものの、10月10日には削除されたことが明らかになった。華為技術(ファーウェイ)のアプリストアに登場したが、ダウンロードできなくなった。ブラウザー版も利用できなくなったという。利用時には電話番号の登録が必要だった。当局の許可を得たサービスとされていたが、結局削除を要求されたとの見方が多い。

    2020.10.14 16:27
  • ゲーム動画配信の闘魚と虎牙が21年めどに合併

    中国の複数メディアは10月12日、いずれも中国ゲーム動画配信サイト大手の「闘魚」と「虎牙直播」が2021年上半期をめどに合併すると伝えた。両社の国内シェアは合計で8割を超える。

    2020.10.14 15:45

その他の支局

あなたにおすすめ

  • は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます

    週刊ビジネス誌で28年連続 読者数No.1

    各業界に精通した記者50名超が独自取材

    1500社以上の企業事例

    ※日本ABC協会2018年度認証部数(ビジネス分野)

    は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます

    全ての記事が読み放題

    有料会員限定記事10,000以上が読み放題

    雑誌7年分350冊が読み放題 e.t.c

    は、日経ビジネス電子版の会員のみご利用できます

    週刊ビジネス誌で28年連続 読者数No.1

    各業界に精通した記者50名超が独自取材

    1500社以上の企業事例

    ※日本ABC協会2018年度認証部数(ビジネス分野)

    フォロータグ一覧
    キャンセル

    [誌面ビューアー]雑誌のビジュアルなレイアウトをウェブでも

    「誌面ビューアー」は、紙の雑誌と同じレイアウトで記事を読むための機能です。ウェブブラウザーで読みやすいようにレイアウトされた通常の電子版画面とは異なり、誌面ビューアーでは雑誌ならではのビジュアルなレイアウトでご覧いただけます。スマートフォン、タブレットの場合は専用アプリをご利用ください。 詳細を読む

    ご利用条件:
    有料会員限定

    [クリップ機能]お気に入りの記事を保存しよう

    「クリップ機能」は、また読みたいと思った記事や、後からじっくり読みたいお気に入りの記事を保存する機能です。クリップした記事は、メニューから「マイページ」を開き「クリップ」を選ぶと一覧で表示されます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    有料会員限定

    [有料記事の閲覧]登録会員(無料)でも一定本数読める

    日経ビジネス電子版では、閲覧を制限している状態を「鍵が掛かっている」と表現しています。有料会員としてログインすると、鍵の有無にかかわらず全ての記事を閲覧できます。登録会員(無料)でも、月に一定本数、鍵付き記事をお読みいただけます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員

    [コメント投稿]記事対する自分の意見を書き込もう

    記事の内容やRaiseの議論に対して、意見や見解をコメントとして書き込むことができます。記事の下部に表示されるコメント欄に書き込むとすぐに自分のコメントが表示されます。コメントに対して「返信」したり、「いいね」したりすることもできます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上かつリゾーム登録済み

    [記事への評価]参考になったかどうかを読者が投票

    記事末尾の「投票」ボタンを押すことで、その記事が参考になったかどうかを投票する機能です。投票できるのは1記事につき1回のみ。投票の結果はすぐに反映され、トップページの記事リストなどにも表示されます。評価の高い記事を選んで読むといった使い方ができます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上

    [連載フォロー]気になる記事の続きを見逃さない

    「この連載の続きが読みたい」「この議論の展開を見届けたい」と思った時に便利な機能です。「連載をフォロー」「シリーズをフォロー」は、その連載の新着記事が配信された際に、「議論をフォロー」は、その議論に新しいコメントがついた際に通知されます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上かつリゾーム登録済み