中国共産党中央と国務院(中央政府)は25日、労働力の流動性を高めるための政策意見を公布した。常住人口300万人以下の都市については農村部や他都市からの転入制限を全面的に撤廃し、300万~500万の都市について緩和する。