環球時報は24日、北京字節跳動科技(バイトダンス)はアプリ「TikTok」の展開を加速するために海外業務本部を設置する検討に入ったと伝えた。候補地はシンガポール、ロンドン、ダブリンなど。TikTokを巡っては米国を中心に個人情報保護やコンテンツ検閲への懸念が指摘されており、海外事業の見直しが急務となっている。