ロイター通信は12月15日、中国の百度(バイドゥ)が自社ブランドの電気自動車の生産に参入することを検討していると伝えた。電気自動車の委託生産のほか、自動車メーカーと合弁事業を設立し過半出資することを検討する。浙江吉利控股集団、広州汽車集団、第一汽車集団の「紅旗」と予備的な協議を実施したという。