中国政府は12月8日、トリップアドバイザーなど105のアプリを国内でダウンロードできないようにしたと発表した。法令に基づいており、わいせつ行為、暴力、詐欺、賭博といった違法活動に関連するコンテンツを一掃する狙いがあると説明している。