人気ゲーム「モンスターハンター」を実写化した映画が12月5日、中国で上映中止になった。12月4日に公開されたばかりだった。映画内で米兵が中国人を差別する発言があったことが原因とみられている。