新京報などは3日、自動車部品大手の独ボッシュが江蘇省無錫市で水素燃料電池の開発・生産拠点の定礎式を行ったと伝えた。2020年末にも完成させ、21年の生産開始を目指す。燃料電池は主に燃料電池車(FCV)向けのパワートレイン関連製品の開発や試作に用いる。