ロイター通信は、中国動画配信大手の愛奇芸(アイチーイー)に対する騰訊控股(テンセント)やアリババ集団の出資交渉が停止したと伝えた。アイチーイーは検索最大手、百度傘下。中国当局は独占禁止法の見直しなど民間企業への統制を強める姿勢に転じていることが影響した可能性がある。