中国政府は11月24日、スマートフォンやインターネットを利用できない高齢者へのデジタルデバイド解消策を発表した。現金支払いを拒否しないことや、感染リスクが低い地域では一部施設を除きスマホで表示する健康コード提示を求めないことなどを明示した。