中国外務省は11月25日、習近平(シー・ジンピン)国家主席が米国のバイデン前副大統領に祝電を送ったと発表した。「お互いに衝突、対立せず、相互尊重とウィンウィン(相互利益)の精神で世界の平和を推進することを望む」などと伝えたという。