澎湃新聞は、米ウォルマートの中国法人が21日、5~7年以内に新たに500店を出店すると伝えた。従来は大規模店が中心だったが、スマホ注文などが普及したことから、集合住宅内の小型店や周辺住民向け配送専用店など小回りの効く形で販売網を拡充する計画。