中国の国会に当たる全国人民代表大会常務委員会法制工作委員会の蔵鉄偉報道官は19日、香港の「覆面禁止規則」について「香港基本法に適合している」と指摘する談話を出し、憲法に当たる香港基本法の解釈権は全人代常務委が持つと指摘した。司法の独立性への信頼は香港ビジネスの基盤となってきた経緯があり、外資系企業を中心に中国の司法介入が強まることへの懸念が生じている。