中国国家統計局が9日発表した10月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比3.8%上昇した。伸び率は2012年1月(4.5%)以来、7年9カ月ぶりの大きさ。アフリカ豚コレラの影響で供給不足が続く豚肉が約2倍に高騰し、物価全体を押し上げた。