中国政府は11月2日から日本から中国への渡航に必要なビザの申請受付を絞り込んだ。既に招聘状を取得済みで、経済・貿易・科学技術関連事業に従事する申請者、既に就労許可を得ている労働者、重体や重病の直系親族の看病や葬儀参加、国際列車や航空機の乗務員・船員など以外の種類のビザ申請は、当面は受理しない。