台湾半導体設計大手の威盛電子(VIA)は10月26日、中国の上海兆芯集成電路にチップセットとプロセッサーの製品に関する知的財産権を売却すると発表した。売却額は計2億5700万ドル(約268億円)。VIAは米インテルのx86と呼ぶ技術体系関連の開発に強みを持つ。界面新聞などが伝えた。