中国ネット通販「淘宝(タオバオ)」の台湾サイトは10月15日をもって取引を終了すると発表した。運営会社が実質的に中国企業であるアリババ集団傘下にあり台湾の規制に抵触するとして、当局から改善を求められていた。