米ブルームバーグ通信は10月9日、米政府が中国アリババ集団傘下の金融会社アント・フィナンシャルと騰訊控股(テンセント)の決済システム(アリペイとウィーチャットペイ)に制限を課すことを検討していると伝えた。安全保障上の懸念を理由としている。