中国アリババ集団傘下の技術開発機関「達摩院」は9月27日、特定の場所で完全自動運転できる「レベル4」のトラック「大蛮驢」の走行試験を始めたと明らかにした。界面新聞など複数の中国メディアが伝えた。